甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱

甲殿(こうどの)の青い空、蒼い海、碧い風… 海のある暮らしと遊動生活。

動く箱~鳥取砂丘へ…

 


『うわぁ~!すごぉ~!』

 

 

f:id:blueheaven33:20200129094632j:plain



目の前に迫る

圧倒的な存在感と世界観!

 

二人がはじめて目にした景色は…

 

 

鳥取砂丘

 

 

f:id:blueheaven33:20200129094709p:plain


念願の鳥取砂丘に辿り着きました・・・

 

十万年の歳月の中で少しずつ積み上げてできた造形美…


南北2.4km、東西16kmに広がる日本最大級の砂丘!


とっても雄大で神秘的な風景に息をのみました・・・


「まだ誰にもあまり踏み荒らされていないので、朝イチの鳥取砂丘が見たい!」

 

残念なことに雨上がりの砂漠・・・
そして、とても冷たく寒い日でした。

 


晴れていれば、きっと・・・

「日本海の風と砂丘の砂が織りなす神秘的な砂の芸術・・・」

 

f:id:blueheaven33:20200129094751j:plain

ホームページより

風紋(ふうもん)

 

 

f:id:blueheaven33:20200129094826j:plain

ホームページより

 

砂柱(さちゅう)

 

「…が見れただろうにね」

 

 

幸い、雨は止んでいたけれど、砂丘の砂は雨を含んでいて、ちょっと湿っているところもあり


とにかく砂から伝わってくる温度は冷たかった~

元気に嬉しそうな、アロハの足跡だけが辺りに残ります…。

 

f:id:blueheaven33:20200129095200j:plain

 

「アロハは砂浜が大好きやもんねぇ」

 

 

f:id:blueheaven33:20200129095229j:plain


「甲殿の砂浜とは、肌触りが全く違ってそう(笑)」

 

 

f:id:blueheaven33:20200129095258j:plain



「気持ちいいろぅ」

 

 

 


嬉しすぎて穴を掘り出す始末・・・

 

「それは、ダメよ!アロハ(怒)」

「鳥取砂丘は、ただ砂があるだけじゃないのよ!自然がおりなす素晴らしい造形美なんだからね!」

 

f:id:blueheaven33:20200129095358j:plain


砂まみれのアロハ…。

 

 


傾斜があったりして、そんなに遠くないように見えるけれど
砂丘の上まで行くのに、片道一時間もかかるみたいです・・・

 

 

それを越えると、海が広がっています・・・

 


「ラクダに乗って砂丘を散歩したかったね」

 

「冷たいけど砂が入ってきたから、靴を脱ごう!」


丘を裸足で 登ったり、くだったり
子供に帰って砂浜をかけまわりました・・・

 


「結構息切れしてきたね」


「楽しいね!」


「こういう、澄んだ朝の空気もいいよね・・・」

 


空が晴れていなくても、やはり、美しい景色が続き・・・

鳥取砂丘は、一面に砂丘の大パノラマが飛び込んでくる・・・

 

「これが日本!?」

と思うような風景・・・

 

「そんな砂の海をアロハとお散歩できて、とっても大らかな気分になれたかな」

「日頃の雑念なんかを砂が吹き飛ばしてくれたよう」

 

 


砂に残した私たちだけの足跡は、楽しかった旅の痕跡・・・

 

 

「鳥取砂丘」・・・


なんで今まで行かなかったのだろうと思うほど、圧倒され感動しました。

 

中国山地を源流に持つ千代川が日本海まで砂を運び

今から十万年前という気の遠くなるような時間をかけ、波と風が砂を積み上げ砂丘を形作った。

 

それは

まさに自然が創造した奇跡の姿なのでしょう…。

 

共に生きるアロハと3人で…

この非日常的な世界観と地球のパワーを感じれたことが、なにより良かったです…。

 

 

f:id:blueheaven33:20200129095643j:plain

 


砂まみれのアロハの姿も、きっと素敵な思い出となるのでしょう…。

 

 

 

 

 

 


甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱