甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱

甲殿の青い空、蒼い海、碧い風… 海のある暮らしと遊動生活。

バス買いました!

バス買いました!

3月10日(日曜日)大安
我が家にバスが納車されました

f:id:blueheaven33:20190310190936j:plain

高知日産プリンス御座での納車の写真


今回、このバス、外観はマイクロバスなのですが内装は しっかりとキャンピングカー!種類に分類すると“バスコン”というタイプだそうです。バスコンとは、バスコンバージョンの略。
バスやマイクロバスのボディーをそのままに、架装メーカーがキャンピングカーとして設備を搭載した車両のことです。

前回の『小さな動く箱「ぶる~へぶん号」の紹介』という記事で
「ぶる~へぶん号」で出かける「Pキャン」「車中泊」の楽しみ方を紹介させていただきました。

 

www.blueheaven.work

 


キャンピングカーへの憧れ


この5年間 たくさんの車旅を楽しんできた中…不満点もあがってきました。
今までの“ぶる~へぶん号”はうしろのバックドアをはね上げ、テントで覆う作業をし、そこに出来たスペースで、食事や調理をしながらリビングとして使っていました。
食事をし、お酒を飲んで気持ち良くなる…そのままバタンと寝たい…。

f:id:blueheaven33:20190310191638j:plain

バックドアを上げてる写真


さあ寝ようと思った時、テーブルの上の物を片づけ,荷物を移動しベッドメイクしなければならない。
バックドアを上げ、そのまま寝る場合もありますが安全面が不安で熟睡できない。そして雨など降ってくると大慌てで片付けが大変です。

そんな中…
雄大「道の駅で隣り合わせのキャンピングカーオーナーさん達と出逢って 車内を見学させてもらったんです。それがきっかけでキャンピングカーに興味を持ちはじめました」


「やはりキャンピングカーやトレーラー、かっこいいんですよ。」

キャンプ施設に停まってる姿も、
そこでゆったり過ごされいてるご家族も…

「私たちは箱バンでの車中泊…どうしても寝るだけのスペースしかないんですよね。」

「ゆったりと、ソファー付きのリビング…。寝るだけでなく生活できるお部屋でそのまま移動できるなんて…私たちの旅のスタイルとは、同じようで まったく違う、夢のようなスタイルだな」と感じました。

 

 

 


素敵なご夫婦との出逢い


数年前 大豊の道の駅で車中泊した時のこと
キャンピングカーで旅行を楽しむシニア夫婦とお話する機会がありました。
「キャンピングカーの車内って、何もすることないから自然と会話が多くなるのよ…。最初は子供や孫の近況と日常的な話しからスタートするんだけど、だんだん二人がはじめて出会ったころの思い出話しとかになってね…。車から外へ出てイスを二つ並べ夜空なんか眺めていると、不思議なもので“豊かな気持ち”に に思えてくるの!キャンピングカーは、私たちにとって大切な旅行手段なのよ」と 力説してくれました。

「私たちも この気持ちわかる!と共感してしまい、この頃からキャンピングカーの 魅力にますます惹かれていったのが正直なところなんですよね。」

 

 


“購入する”ではなく、“例えば購入するならば”…


クリアしなければいけない問題を私たちは1年以上話し合いました。

1.維持費問題(8ナンバーの維持費のメリット)
2.駐車場問題
3.普段使い問題

これらの難題をひとつひとつクリアし、答えが出るまで
「今の、ぶる~へぶん号を乗り続けようよ…」
「5年目の車検をむかえた時、もう一度、話し合って最終決断をしようね」

 


2019年2月…5年目の車検を前にし、 私たちの出した決断は


「欲しい時が購入適期!!」だったのです!

 

…ほぼ雄大の情熱が強く


“例えば購入するならば”ではなく、“購入する!”を前提に
この買い物について 私たちは 再度、話し合っていきます。

 

 


維持費問題(8ナンバーの維持費のメリット)


パトカー、消防車などと同じ、このキャンピングカーは、8ナンバー車輌。8ナンバーは本当にメリットが大きいのでしょうか?自動車税、自動車重量税、車検費用、任意保険など…。
私たちは生まれて始めて 車のナンバーの種別について学びました。

アーミ「“ぶる~へぶん号”などは初回2年、以降、毎年車検でした。今回のキャンピングカー、8ナンバーの車検期間は2年毎です。8ナンバーにする事で自動車税や自動車重量税などは安くなる場合が多いのですが、総合すると必ずしも得とは思えない…。でも、損でもないようです。」

 

 


駐車場問題


「高さ2.7メートル 長さ6メートルを超すこのサイズのバスをどこへ停めるの?」

 

○甲殿HOUSEの駐車場
○街で借りてる北本町倉庫ガレージ

高さ2.7メートルのバスを海辺のお家に停めるには工事が必要でした。

f:id:blueheaven33:20190310192634j:plain

甲殿HOUSE 庭にゲート作業中の写真

このように3.0メートル近いゲートを造り駐車スペースを確保…クリア。


北本町に借りてる お店出勤に使う倉庫兼ガレージの高さは2.8メートルでギリギリ…何とかクリア。

 


普段使い問題


1ヶ月に1回エンジン入れるようなら勿体ない。キャンピングカーとしての快適性以外に日常の使い勝手も重要。

○お店への通勤
○アーミの運転

 

「海辺のお家と、店への移動は、すべて このキャンピングカーをベースにしよう」・・・
2人の総合的な意見は合いました!

キャンプや旅をするのももちろん、キャンピングカーを仕事の通勤にも使うし、
海とか行く場合などアウトドアのベース基地としても使います。
普段の足でもあり、遊びの基地でもあり、移動別荘でもあり、時にはオフィスやビジネスホテルの代わりでもある。


でも まだまだ心配事が残っていました・・・。


アーミ「私の免許オートマ限定だし あんな大きいバス…しかもMT車は運転出来ないよ!」

雄大「お店でお酒が入った場合も考えてる。」

「北本町のガレージに芝を敷き詰め、グリーンをいっぱい植えて室内型キャンプ場を創ろうよ!」


私たちは、お酒が入る仕事
世の中のルール守り、そしてそれを楽しみに変える…
これが、私たちのルールなのでしょうか。

この雄大の 何とも言えない考え方に私はいつも驚いてしまいます・・・
が、いつのまにか雄大以上に はまっていることも事実です・・・。


いつも私たちは 2人にしか分からないイメージの話しをします。
浮かんできた言葉だったり、イラストだったり・・・

ある日、雄大が大きなバスの絵を描き出したので、それへ私がお店のロゴマークを並べたことがありました・・・

f:id:blueheaven33:20190310193056j:plain

お店の商品トートバックにもなったバスイラスト


もうすでに この時、バスに乗ってアロハと家族3人で旅をする絵図があったんでしょう・・・


いつもイメージしたことが現実になるのです・・・

 

 


アウトドアのベテランでも何でもない私たち・・・

“ぶる~へぶん号”で寝泊まりした回数は、過去5年でも30泊弱…。まだまだ 車中泊初心者です。


この5年間たくさんの旅行を「ぶる~へぶん号」で楽しんできましたが
車中泊の楽しさ、愛犬との旅の楽しさ、アウトドアの奥深さ…
“ぶる~へぶん号”には、旅の楽しさと私たち家族のライフスタイルを構築してもらいました。
下取り車として バスを購入した為…

f:id:blueheaven33:20190310193838j:plain

ぶる~へぶん号 最後の日は北本町倉庫でお掃除をしました。

“ぶる~へぶん号”とは、お別れすることとになります。

 

 

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190310193959j:plain

新しく迎えた、このバス“ぶる~へぶん2号”

私たちにとって更に多くの旅を彩ってくれることになるのでしょうか?

 

 

20年前の中古バス キャンピングカー。
日産シビリアン
走行距離:7万キロ

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190310194037j:plain

海の見えるおうちにやってきた…

夢と希望の箱は、お庭にピタッと収まったのでした…。

 

 

“甲殿life~海辺のお家と小さな動く箱”

 

 

小さな動く箱

小さな動く箱「ぶる~へぶん号」の紹介


平成26年に日産の箱バン4ナンバー商用車“キャラバン”を購入 。
私たちがこの車を購入するにあたり考えたのは
通勤はもちろん大好きな旅行でも活躍してもらいたい
「移動する」ためのものだけではなく「過ごせる」を基準に選びました。

f:id:blueheaven33:20190306172734j:plain



この日産“キャラバン”は“ペットと共に楽しむ「くるま旅」の大切な“乗り物”として楽しんでいます。

私たちは このかわいい箱を「ぶる~へぶん号」と呼んでます。
そして この「ぶる~へぶん号」で出かける旅行を「Pキャン」「車中泊」の旅として楽しんでいます。

 

ホテルでは泊まらないPキャン・車中泊の旅とは…

雄大「ある“VAN LIFE”という雑誌を見て強烈に そのスタイルに刺激をうけたのが最初です。インスタグラムでも かなり盛り上がってる分野らしいですね…。」

VAN LIFEとは都市生活から抜け出して、バン1台に必要最低限のものだけを詰め込んで自由に生活するのがバンライフの考え方だそうです。
私たちの暮らしではそこまでは無理としても…

f:id:blueheaven33:20190306172010j:plain

自分たちの手の届く範囲内でアウトドアを楽しむ等身大のスタイル「車中泊」です。
ホテルを利用せず車中泊可能な場所で泊まる。
例えば、サービスエリア・パーキングエリアだけでなく、道の駅やオートキャンプ場、RVパークなどを利用。

アーミ「最近の道の駅なんかは規模が大きくなってきて入浴施設などを設けているところも多く、女性にも車中泊は過ごしやすくなったスタイルだと言えるんじゃないでしょうか。」

 

 

愛犬“アロハ”が我が家にやって来て
「車中泊をしたきっかけは、犬を連れた旅では宿泊先が制限されることからでした。」

「最近では、ペット同伴可能な宿泊施設が増えてきたとは言っても、まだまだ気軽に利用できる数には達していません。」

f:id:blueheaven33:20190306172817j:plain

ペットと一緒に旅行が楽しめることが最大の理由です。
夜型人間の私達には自分達の時間で移動でき自分達の都合で
スケジュールを組める最大の利点が行かせる旅スタイルなのです‥

 

 

アロハとは日本全国津々浦々 色々な場所で車中泊の旅を楽しんできました。

f:id:blueheaven33:20190306171046j:plain

道の駅 ビオスおおがた

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190306171337j:plain

東京湾アクアライン海ほたるPA

ameblo.jp

 

 

f:id:blueheaven33:20190306171524j:plain

和歌山県和歌浦漁港

ameblo.jp

 

 

f:id:blueheaven33:20190306171832j:plain

白良浜前駐車場

ameblo.jp

 

 

車中泊ブーム?
SAや道の駅の進化と共に車中泊を楽しむ人たちも増えてきているのを実感します。
数年前と比べると数倍のレベルのように感じます。
本屋さんのコーナーでも“車中泊”関連の本が多く並んでます。
“車中泊”のキーワードで商品を検索すると話題の関連商品がか数多くヒット。
Googleで「(目的地)+車中泊」と検索すると最適なスポットが確実に紹介されます。
このように市販の便利グッズも充実し、更に全国各地に道の駅も配置され、以前よりは工夫次第で快適に過ごすことができるようになっているのです。

雄大「今から数年前ですが、お客さんに“車中泊して海に行ってる”と話したところ、おもいっきり“貧乏臭いね”って言われたことがあります。一昔前はそれぐらい“車中泊”のイメージは微妙だったのでしょうね…。」

アーミ「この数年の車中泊ブームのおかげで、道の駅なんかで洗面してても”この人 車で泊まってる…というような白い目はうっすら和らいできました。“流行始め”ではありますが、このようにブームの到来をしっかりと感じることができます。」

 

車中泊のメリット
「車中泊なら移動手段として使っているクルマが夜になれば宿へと早変わりして、大きく宿泊費を抑えることができます。」
「これは月々の限られた生活費でも、旅に出るチャンスをたくさん生んでくれます。」

「食事も一日目は自宅で作っていく、水はポリタンクに入れておく、クーラーボックスには食材をなどの準備をすれば、飲食代すら抑えることができます。」

お金に余裕が無くて贅沢旅行はできずとも、旅に出て色んな場所で感動できる。
それは私たちが考える最大のメリットなのです。

 

これから季節もあったかくなります。

興味はあったけどできなかったこと…
今だからこそ出来ること…
今しか出来ないこと…

「やりたいことは、複数あって、どれが本物なのかはやってみないとわからないけど」 

www.blueheaven.work

 

www.blueheaven.work

 

前回の記事と今回の「小さな動く箱」と三つの記事で“私たちとは…”というものを紹介させて頂きました。

そんなごく普通の毎日ですが…

『甲殿life~海辺のお家と小さな動く箱』というタイトルで

「毎日、違ったキレイな景色と共に旅するような日常をブログに書き留めていこうと思います。」

 

 

海辺のおうち

もともと、私たちはここ甲殿の地元民ではないのです。」

 

 

「売地」の看板を春野町甲殿の海岸線で見つけたのがスタートでした。

 

 

雄大:「会社を辞め、個人事業主となった時期です。」

 

 

 フリーランス…飲み屋さん1年生では、住宅ローンは当然通らない…貸してくれる銀行なんて全然ありませんでした。

 

  熱い情熱だけは持ち続け交渉…

 

 

2002年5月 トタンの家が、ここ甲殿の海辺に完成しました。…35歳でした。

 

 

 

でも飲み屋さん。

お酒も入ります。

繁華街から10キロ離れる家への帰宅は代行運転かタクシー。

 

交通費を考えると 帰りたくても帰れない家となり

繁華街でその場しのぎのだらしない生活をおくっていました。

 

 

 

甲殿の家はしばらく放置状態・・・。

頭の中で、思い出すことすらなくなってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

高知市内でアパート暮らしの中…

 

アーミ:「甲殿のおうちに愛情をかけないともったいないよ!もっと夢を持って海辺での生活を楽しもうよ!」

一度は 家を手放して県外移住も考えたこともあります。

  再会したばかりのアーミのこの言葉で

自分の建てた家の大切さを もう一度、真面目に考えてみようと思った時期でした。」

 

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051123j:plain

 

アーミの言う…

「もっと夢を持って海辺での生活を楽しむ」

という言葉を

勢力的に思い描きイメージを絵にしてみたりしました。

関連した本を読み「甲殿の家」をこれから どういうふうに生かすか 何度も何度も話し合いもしました。

 

 

 

 

 

そして、再度 生活の拠点を 甲殿に移すことを決めたのです。

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051229j:plain

 

この荒れ放題の“甲殿の家”を“暮らせる家”へと手直しをはじめます。

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051307j:plain

2015年5月 バルコニー工事。

 

性格上 一気に仕上げ“カタチ”にしてしまいたい方なのですが、DIYは 超~不得意分野です!

お願いする大工さんの都合もありますし 予算の都合もあります。

少しづつ お店の売上と相談しながら仕上げて行きました。

 私たちが 最初に取り掛かったのはバルコニー工事です。

海が見える「渚のバルコニー」が完成しました。

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051341j:plain

2015年10月 海沿いにふさわしくヤシの木を植えてみます。

 

“ぬり絵”と“模型”まで作り位置を確認。

 

 

 

同じ方向を向く二人が意見を出し合う…

 「自分一人で創るよりもっと素晴らしい暮らしが創れるのでは?と気付いた時期でした。」

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051428j:plain
 2016年2月 台風に負けない丈夫なフェンス取り付け。

 

大工さんに わざと雑に演出してもらい工事は進みます。なんとなく生活感も出て 愛着がわいてきました。

 

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190301072809j:plain

アーミとの話し合いで 意見を出し合い、初めて創ったのは、

「暮らし」という

これまでに見たことのない新しい“カタチ”でした。

 

 

それまでは自分中心の

好き放題生活で、「暮らし」って何なのかがよくわかりませんでした。

どう暮らすか。」を話し合い実行する上で心が豊かになっていく楽しみをはじめて感じたのです…。

 

 

f:id:blueheaven33:20190301072720j:plain

お金がなくても自分たちの「暮らしのカタチ」が進歩していくことが幸せだと

この時、アーミに教えてもらったような気がします。

 

 

f:id:blueheaven33:20190301072838j:plain

 「何でも直ぐに手にいれる満足感」より、

「創る楽しみや新たなことを知るドキドキ感」なんとも言えない高揚感」で 

今までに味わったことのない楽しさを感じながら“甲殿の家”の暮らしが このようにスタートしました。

 

 

f:id:blueheaven33:20190301051503j:plain

このはじめて感じる貴重な体験を曖昧な記憶にせず

これからもブログに綴っていこうと思いますので どうかよろしくお願いいたします。

 

はじめに自己紹介…

【ごあいさつ…】

はじめまして

私たちは、ハワイが大好きで「アロハヴィーナス」というハワイをテーマにしたバーを高知市内で経営。
自宅はお店から30分…高知市内の一番南にある春野町甲殿という小さな漁師町で潮風を感じながら海辺の家で生活しております。

ここ甲殿海岸では毎年アカウミガメの産卵が多く確認されており この海で産まれたアカウミガメが はるかハワイを経由し 数十年後 再度、卵を産みにやって来るという感動的な場所でもあるのです。

私たちは そんな海辺の家で“愛犬アロハ”(ゴールデンレトリバー)と共に日々を大切に甲殿の海で生活を楽しんでおります。

 

 

【二人の出会い…】 
現在はALOHA VENUSを個人事業主として経営する私達ですが、元々二人は普通の会社勤めをしていました・・・。

 

雄大は1995年に勤めていた旅行会社を辞め「拘束されない仕事がしたい!」とバーを開業…
マリナデルレイ→蒼海BLUE HEAVENなど移転と共に屋号も変化させ活動する・・・。

 

アーミは美容師や介護の仕事をし25歳の時に雄大と出逢い 海辺の町 甲殿で共に暮らし始めるが、昼間の仕事と夜の仕事という すれ違いで向き合うことが出来ず、二人が育てるゴールデンレトリバーのマリンを連れ、新しい暮らしを始める・・・。

 

お互い別々の人生を歩いていた2人は、8年ぶりに再会!

 

 交際がスタート!

 

 

 

【甲殿Lifeはじまる】
再び想い出の地、「甲殿」で暮らし始めることに・・・

 


その頃のアーミの仕事は介護、 雄大は、バー …。昼間の仕事と夜の仕事、一緒にいる時間は限られていたため、とにかく会話を大切にしながら 眠るギリギリまで会話を楽しんでいました・・・。

 


アーミ: 「仕事で家から出掛けるってことは、社会に踏ん張って、毎日1人で立ち向かっていることなんだよね・・・ 泣きそうになる・・・」

 


毎日続くストレスや悩み・・・ どこか孤独で 弱く 寂しい・・・

 

 

雄大も華やかに見える夜の世界で生きてきて、今まで誰にも言えなかった心の中を話しだす・・・

 自分の人生を辿るようにこれまで生きてきた過程や、 幼い頃の話し、両親のことも・・・

 

雄大:「アーミには弱いところも見せることができて素直になれる」そんな自分に気が付き・・・

 

 

やがて私達は「自分達の1番の幸せってなんだろう・・・」というテーマにいきあたり、見つめなおし、話し合いの日々を重ねていくようになり・・・

 


「毎日、もうちょっと長く一緒にいたいね」 「どうしたらいいのかなぁ・・・」

 

「今の仕事辞めて、自分の気持ちに正直に生きよう!」

「長く一緒にいるならプライベートはもちろん仕事もお互いの意見を出し合って成長していこうよ!」

 

 

f:id:blueheaven33:20190225124215j:plain


雄大のこの一言がきっかけで2人が営む 前店舗の

VENUS MEMORIESはオープン・・・! 

 

 

これにあたって私達に一切の不安は ありませんでした。

 

 


「好きな人と好きな場所で好きなことをして生きていく!!」

 


「この世にこれ以上大切なことなんてない・・・」

 

 

 

お店も現在の店舗 ALOHA VENUSに移転し

 

やがて2人は結婚!!

 

 

アーミ:「私達夫婦は挙式も披露宴もいらないよね…」

雄大:「僕たちの結婚には挙式も盛大なパーティーも必要ないよね…」

 

と二人は考えました。

 

f:id:blueheaven33:20190225124253j:plain

2017年10月

雄大:「50歳の誕生日は両親と共にハワイで過ごしたい」

そんな思いで行ったハワイで両親にはすでに結婚の報告はすませていました。

 

私たちは、この時からお互いの人生を一緒に歩き始めていたのです。

 

 


仕事もプライベートも一緒・・・

 


たまに「そんなに24時間一緒にいて気疲れしないの?」とか言われたりしますが・・・

 

でもそんな気配は いっさいありません・・・

 

 

「夫婦は他人だから、ほどほどの距離感で生活したほうが うまくいくんじゃないの」という意見もあるけれど・・・

 

 

私達は一緒に過ごす時間が長くなり お互いの価値観や考え方を理解する機会が増え、「生活」や「仕事」を一心同体で取り組むことで すれ違いが生じることがなくなりました・・・

 

 

「同じテーマや課題と向き合って話し合いながら解決していく」・・・私達にはこの選択が合っていたように思います・・・

 

 

 

これからも、この生き方が続けられるように

「今やりたいことを全力で楽しんいこう!!」
と思っています!!

 

 

最後に…

お店を始めてからの生活は大変なこともありますが、とにかく毎日が楽しく充実しています。

今経験していること、感じていることは、きっと凄く貴重なことなんじゃないかなと思いブログに書き留めておこうと思い始めました。

 

 

不慣れで読みづらい所もあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 

 

最後まで長い文章を読んで頂きありがとうございました。