甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱

甲殿の青い空、蒼い海、碧い風… 海のある暮らしと遊動生活。

動く箱~九州(最終日は別府湾でParty!)

日本一の「おんせん県」大分県へ

 

サザンLIVEとともに松山 道後温泉からはじまった
今回の 九州旅行も最後の車中泊となります。

 

f:id:blueheaven33:20190515163738j:plain

 

感動の長崎から真夜中の移動をしてきた私たちは…

日本一の「おんせん県」。

温泉の湧出量、源泉数は日本一を誇る大分県へと入りました。


大分自動車道 山田サービスエリアで朝を向かえ…

 

「東の軽井沢、西の湯布院」と言われ、女性を中心に大人気

 

湯布院へ…。

 

f:id:blueheaven33:20190515163812j:plain


由布院観光のメインストリートです。

 

話題のスイーツ店やカフェ、地元食材を使ったレストラン、こだわり雑貨や名産品を扱うお店などが通りの左右に連ねている…

“湯の坪街道”

 

 

f:id:blueheaven33:20190515163958j:plain


湯布院と別府を結ぶ県道11号線の途中で展望台もあり湯布院の街を一望できる絶景スポット

 

 

 

f:id:blueheaven33:20190515191029j:plain




“狭霧台(さぎりだい)”

 

 



由布岳のふもとより雄大な自然を感じながら

 

別府温泉へ…

 

湧出量はアメリカのイエローストーン国立公園に次ぐ世界第2位で、人が入浴できる温泉地としては世界最大。
別府・鉄輪・観海寺・明礬・亀川・柴石・堀田・浜脇の8つの温泉地からなる

「別府八湯」はそれぞれ泉質が異なり、湯めぐりが楽しめます。

 

私たちは、その「別府八湯」の中の“鉄輪温泉”へ、まずランチに向かいました。

 

 

地獄蒸し工房鉄輪

 

出発前から別府での食事は
「これ!」って決めてました。

 

f:id:blueheaven33:20190515164043j:plain


「地獄蒸し工房鉄輪」

 

f:id:blueheaven33:20190515164113j:plain


摂氏98度、100%地熱エネルギーの温泉噴気を利用した、伝統の調理法

「地獄蒸し料理」を体験してきました。

 

 

「自然の温泉蒸気で作られた蒸し料理は、美味しかった~。」

 

「素材の味が引き立ってしっかりと食べやすいやわらかさになっています。」

 

f:id:blueheaven33:20190515164207j:plain



「ヘルシーかつ見た目が色鮮やかでキレイ…アロハも この日はじめて ドックフード以外の食べ物を口にしました(^^)」

 

f:id:blueheaven33:20190515164249j:plain



“飲泉場 ”

 

f:id:blueheaven33:20190515164318j:plain



足湯と…

はじめて経験する“足蒸し”

 

初めての蒸し釜料理。


味で美味しく…

 

目で楽しく…


江戸期頃から用いられていた伝統の調理法

 

「地獄蒸し料理」

 

大変満足でした。

 


その「別府八湯」…

 

 

九州最後のお風呂は

明礬温泉へ…

あちこちに湯が湧く別府の中、最も標高の高い温泉地が明礬(みょうばん)温泉。

別府でも珍しい白濁の湯が湧く温泉を楽しみたく…
今回の九州旅行…

 

私たちが最後に選んだ温泉地は、明礬(みょうばん)温泉でした。

 

明礬温泉の魅力を「ぎゅっ」とまとめた湯の花テーマパーク

 

「明礬 湯の里」へ到着!

 

f:id:blueheaven33:20190515164509j:plain


わら葺き三角屋根の家族湯
1室1時間2,500円(税込)

 

白濁の湯が独占できることはもちろん、熱すぎる場合には他のお客様に気兼ねすることなく水を加え、好みの温度で楽しめます。

湯船の手前には3畳ほどの脱衣スペースもありました。

 

f:id:blueheaven33:20190515164410j:plain


「明礬 湯の里」に設けられた「大露天岩風呂」へ歩いて移動…

正面の山にあります。

 


標高350m。数ある別府の湯の中で最も高台にある、眺望自慢の露天風呂へ

f:id:blueheaven33:20190515164601j:plain

明礬温泉 ホームページより

大露天岩風呂 入浴料600円(税込)

湯船からアーチ形の明礬大橋に鶴見岳、高崎山、さらに別府湾まで一望

 

 

f:id:blueheaven33:20190515164643j:plain

明礬温泉 ホームページより

雨天や雪の日も営業。そのときには備え付けの笠をかぶって入浴をするそうです。

 

 

「温泉はあっつあっつ…。硫黄系の白濁したお湯は、東北方面の温泉をイメージします。高知から来た私たちにとって、濁った湯は珍しく感じました。」

 

「湯の色も、日によってブルー、または乳白色になるとか…春の空気に触れながらの露天風呂はホント気持ちよかったですね。」


ゆっくり過ぎるほどゆっくりした温泉…

 

ここ別府温泉も 夕暮れ時…

 

 

 

 

 

九州旅行
最後の夜はParty!

 

 

今回の九州旅行
早いもので 今夜が最後の夜となります。

 

「せっかくなら景色のいい 場所でパーティーしようか!」

 

「そうね…最後の夜にふさわしい…夜景がキレイな場所なんかあればイイね…」

 

「お誕生日会も兼ねて打ち上げしようよ!」

 

そんなノリで 私たちは、素早く別府市内のスーパーなどを中心に 有名なお店を巡り食材を調達!


大分県の美味しそうなお魚、お肉、お野菜と“名物”・“特産”を買い出します。


「飲み物は、ビールに大分焼酎…それと赤ワイン…ちょっと贅沢に!」


「…でも外食することを考えたらぜんぜん安上がりです。」

 

買ってきたたくさんの食材は、車内の冷蔵庫に保管をし

お気に入りのランチョンマットに合うワイングラスを購入…

準備を急ぎます。

 

 

パーティー会場は…

f:id:blueheaven33:20190515191117j:plain

別府湾サービスエリア スマートインターチェンジ


スマートインターチェンジを抜ければ…

 

 

f:id:blueheaven33:20190515164916j:plain


別府湾サービスエリア

 

ぶる~へぶん号をロケーションのいい場所へ停め…

 

 

f:id:blueheaven33:20190515164952j:plain


車内で調理出来るものは作り …
テーブルクロスに電飾なんかも飾って車内を演出…

 

BGMは、サザンのジャズバージョン

 

f:id:blueheaven33:20190516131720j:plain


 パーティー気分を盛り上げます。

 

f:id:blueheaven33:20190515165021j:plain

「かんぱ~い」

 

眼下に別府市街…

その先には別府湾の海岸線が広がり、晴れた日には四国まで見渡すことができる

「別府湾サービスエリア」

 

f:id:blueheaven33:20190515165055j:plain

 

大きなハートのモニュメントから夕焼けに染まる風景も ゆっくりと夜景が煌めくロマンチックなムードになっていきます!

 

 

f:id:blueheaven33:20190515180600j:plain

 九州最後の夜は

サザンDVDで夜更かし…

 

 

 

 

九州6日間で感じたこと…

 

旅の楽しみは計画からと言いますが…


半分程度は計画を立て…

あとは自由気まま。


現地で調べたり目についた場所に立ち寄ったり…


その土地の人・観光の人・同じようにキャンピングカー旅を楽しんでる人…

色々な場所で出会った方々の案内で行き先が変わる場合もあります。


知らない人との出会いも楽しみの一つです。

方言や知らない言葉もその地で聞くのは別の味があります。

 

「行程表を完璧に完成させてしまうと その“行程”に縛られてしまう」

 

「大雑把な行程だったからこそ 今回の“指宿~長崎”の大移動も実現したんだよね…」

 

「旅のテーマとか計画は、半分半分にしとけばいいね…そこへ行けば珍しいものがあり…見たこと無いものもある…。そんななかで、自分に興味があるものに足を止めて時間を作るのも楽しかったしね…」

 

 

f:id:blueheaven33:20190515182245j:plain

 

「現在はインターネットで世界中の“飲食”が自宅で入手できるけど その街の“飲食”は気候、風土により培われたもの…」

 

「長崎で食べた あのカステラの味が忘れられません~」

 

「みんな“〇〇屋”のカステラが一番美味いよ!なんてよく言うけどね」

 

「あの長崎市内の名もない店で買ったカステラは、今まで食べた中で一番美味しかったよね…」

 

「やはりその地で培われたモノは、その地で飲食するのが最も美味しいものなんですね。」

 

 

 


最後に…

f:id:blueheaven33:20190515173403j:plain

「動く箱~九州(6日間)」
最後まで読んでいただきありがとうございました。


サザンLIVEを楽しみ…

松山道後温泉からはじまった今回の

「動く箱~九州(6日間の旅)」


普段、触れることのない空気や食事、歴史を感じながらの観光は、日常を忘れることが出来ました。


おおよそ下調べをしてから目的地へ向かいますが、その調べた場所へ到着した時の心の高揚感が私は、大好きです。

 

観光地を巡り、食事やお風呂を満喫し…。


普段追われる家事から開放され、心が解き放たれる瞬間…

 

普段より密な会話も弾みます。

 

いつもと違う環境は

いつも一緒にいる人なのに

違う感覚になることが不思議なのです。

 

 

f:id:blueheaven33:20190515165420j:plain

 

 この旅で気づいたこと‥

 

それは、2人足並みをそろえることが大切だということ‥

 

男と女では 考え方や体力だって全然違うから‥

一緒に旅に出かけてもお互いのペースがちがって、タイミングのずれを感じることもある‥。

 

そんな お互いの気持ちや行動にズレがあるたびに どうするのか話し合って決めていく‥。


旅は非日常でありながら日常の凝縮であるから‥


そして

改めて不慣れな場所で頼りになる夫がしてくれたことは、日常に帰ってきてからも、何かあった時は助けてくれる存在であるという感謝がわいてくる‥。

 


「旅は人生そのもの」‥

 


一人では足りない部分も

二人なら助け合って楽しい旅にすることができました‥。


目にした色合いや輝き…

沸き起こる感情が刺激されて、感じることや考えることが、更に楽しくなって

日常が それまで以上に充実していることを実感しています!

 

f:id:blueheaven33:20190515165212j:plain

 

きっと
この旅の思い出は
これからの二人の人生に素敵な影響を与えてくれることでしょう!

 

 

「動く箱~九州(6日間)」おわり

 

 

 



甲殿Life~海辺のお家と小さな動く箱